HOME>ニュースリリース

ニュースリリース

2010/09/21 ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発、インナーイヤーモニター 『MDR-EX800ST』 発売

株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ<本社:東京都新宿区、代表取締役:水野 道訓>は、ソニー株式会社<本社:東京都港区、代表執行役 会長 兼 社長 CEO:ハワード・ストリンガー以下、ソニー>と当社が所有するレコーディングスタジオ『ソニー・ミュージックスタジオ』とで共同開発を行った、プロフェッショナル仕様のインナーイヤーモニター『MDR-EX800ST』を2010年10月18日に発売いたします。
本機は、“最高のライブパフォーマンス”の為に、アーティストの理想的なモニタリング環境を追求したモデルです。

■型名:MDR-EX800ST
■発売日:10月18日
■希望小売価格:25,200円(税抜24,000円)


【MDR-EX800ST】の主な特長

● ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発
 最先端の技術を誇るソニーと、あらゆるジャンルの音創りを知り尽くしたソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。
レコーディングの現場で高評価を得ているスタジオモニターヘッドホン「MDR-CD900ST」と同様に、両社のノウハウを注ぎ込んだ完全プロフェッショナル仕様で、高音質はもちろん、ステージ上のハードなパフォーマンスにも応える耐久性を備えています。

● モニタリングに適した音響特性
 アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインナーイヤー型ながら、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適しています。また、精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。

● ライブ環境に求められる装着性と耐久性
 耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード交換など、ライブ環境に適した耐久性と機能性を実現しています。   
                            

【MDR-EX800ST】の主な仕様

・型名:MDR-EX800ST                  
・形式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
・最大入力:500mW(IEC※1)
・インピーダンス:16Ω(1KHz)
・音圧感度:108dB/mW
・再生周波数帯域:3〜28,000Hz
・コード:約1.6m リッツ線 Y型コード
・プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
・質量:約7g(コード含まず)

◆本機の仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがありますが、ご了承下さい。
※1 IEC(国際電気標準会議)規格による測定値です。

■ 『MDR-EX800ST』オフィシャルサイト 詳しくはこちら: http://www.smci.jp/MDR-EX800ST/
■ソニー・ミュージックスタジオ:http://www.sonymusicstudio.jp/
■ヘッドホンモニター「MDR-CD900ST」:http://www.smci.jp/MDR-CD900ST/


【本件に関するお問い合わせ】
◆株式会社ソニー・ミュージックコミュニケーションズ
広報室
Tel:03-3266-7801(直通)
Fax:03-3266-7822
URL:http://www.smci.jp
E-mail:smc.pr@sonymusic.co.jp