Zepp Diver City Tokyo

「非日常への入口」というコンセプト。ライブハウスにおける“非日常”とは、生活空間ではあり得ない圧倒的な“光と音”。そのホール内に入るまでの間に『“光と音”によるコントラストを企て、“非日常”の感覚に切り替えていく導線空間を創る』をデザイン表現しました。