バンダイナムコゲームス未来研究所 オフィス設計

都内、横浜、大阪に分散していた拠点を集約。「Face to Face」をコンセプトに基づき、「人」「モノ」「知識」を物理的に集約させ、より一層の業務の効率化と生産性の向上、コミュニケーションの活性化を図るオフィスとして生まれ変わりました。