アーティストにありのままの音を

MDR-EX800STは、ステージユースのために開発された、インイヤーモニターです。
世界の先端技術を誇るソニーと、ライブの世界を知り尽くしたソニー・ミュージックスタジオが
共同で開発。高音質はもちろん、ハードなパフォーマンスにも応える耐久性を備えています。
  • ドライバーユニット

  • 音圧感度

  • 再生周波数帯域

  • インピーダンス

  • 最大入力

スタジオで聴く音を忠実に再現
アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインイヤー型ながら、
大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの
自然な周波数特性を実現。分解能(検知限界)が優れ、モニタリングに適しています。
スタジオモニターヘッドホンの
開発ノウハウを存分に投入
レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、
ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。
精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。

ライブに適した
装着性と耐久性

耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。
また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード変換など、ライブ環境に適した耐久性と機能性を実現しています。

取扱上の注意
  • ご購入後、プラスチックケースから取り外す際は、コードやハンガーを持って、無理に引っ張らないでください。
  • コードの断線などのアクシデントを想定し、本体とコードは取り外しが可能な構造になっておりますが、日常的な着脱は想定しておりません。
    コードの交換以外での着脱はお控えください。
コードをはずすには
イヤーレシーバーの竜頭(りゅうず)を矢印①方向に回し、ネジ部分を完全にはずしてからコードを引き抜いてください。
[ご注意]
ハンガーの根元や、イヤーレシーバー本体を回さないでください。破損の原因となります。コードの取りはずしの際には、本体を固定して竜頭(りゅうず)を回してください。
コードを取り付けるには
コードの先が青い方を左(L)側に、赤い方を右(R)側に取り付けます。
コードをイヤーレシーバーに差し込み、すき間がなくなるまで竜頭(りゅうず)を矢印②方向に回し、ネジ部分を締め込んでください。
[ご注意]
  • コードの先およびネジ部に汚れが付着していると、接触不良の原因になります。
    柔らかい布でからぶきし、清潔に保ってください。
  • コードを斜めに差し込んだ状態で、ネジ部分を無理に締めないでください。
    破損の原因となります。
付属品
イヤーピース(S、M、L各2)、キャリングケース(1)、取扱い説明書(1)。
形式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 16mm、ドーム型(CCAW採用)
最大入力 500mW(IEC)
インピーダンス 16Ω(1kHzにて)
音圧感度 108dB/mW
再生周波数帯域 3~28,000Hz(JEITA)
コード長 約1.6m リッツ線 Y型コード
コードの太さ Φ1.9mm
プラグ 金メッキL型ステレオミニプラグ
質量 約7g(コード含まず)
希望小売価格 24,000円(税別)

※本機は業務使用を目的とした、プロフェッショナル仕様のヘッドホンの為、
無償修理期間は設定せず、すべて有償での修理とさせていただいております。