アーティストはこの音で聴く

世界の先端技術を誇るソニーと、音創りを熟知するソニー・ミュージックスタジオが共同開発した
完全プロフェッショナル仕様のモニターヘッドホン、それがMDR-CD900STです。
原音をそのまま再現する音質、研ぎ澄まされた輪郭と音像。1989年の発売以来30年以上にわたり、
数多くのレコーディングスタジオで愛用されている事実が、高い評価と信頼を証明しています。
  • ドライバーユニット

  • 音圧感度

  • 再生周波数帯域

  • インピーダンス

  • 最大入力

元々は、CBSソニー信濃町スタジオ(現:ソニー・ミュージックスタジオ)で使用することを目的として開発されたMDR-CD900STが、
スタジオユースの業務用として販売するに至り、数多くのレコーディングスタジオで愛用されています。

またスタジオ関係者のみならずアーティストからも絶大な信頼を得て、TV・ラジオ・雑誌などでも数多く取り上げられ、その結果、
一般の方からの購入希望が殺到し、その要望に応えるべく1995年より消費者向けに販売も開始、現在に至ります。

モニタリングに適した分解能
独自開発のドライバーユニット採用により、モニタリングに必要な分解能(検知限界)も大幅に向上。
音の輪郭から定位、エコーの拡がり感などの微妙な違いをつぶさに再現し、"本物の音"を耳に伝えます。
原音イメージそのままのどこまでもピュアな音質
レコーディングスタジオやポストプロダクション、放送局など、プロの世界で求められる
クオリティと耐久性を徹底的に追求し、独自に開発したドライバーユニットを採用。
これによって歪みの少ない原音イメージそのままのクリアな音質の獲得に成功しています。
あらゆるスタジオユースに対応
耐入力(最大入力:1,000mW)やフレーム・カバーの強化により、音のクオリティを重視するとともに、
レコーディングスタジオや放送局などでの使用に耐え得る耐久性・安定性を実現しています。
様々な条件をプロの立場から追求することにより、スタジオエンジニアやミュージシャンからの高い評価と信頼を得ています。
形式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 40mm、ドーム型(CCAW採用)
最大入力 1,000mW(IEC)
インピーダンス 63Ω(1kHzにて)
音圧感度 106dB/mW
再生周波数帯域 5~30,000Hz(JEITA)
コード長 2.5m
コードの太さ Φ4.0mm
プラグ ステレオ標準プラグ
質量 約200g(コード含まず)
希望小売価格 18,000円(税別)

※本機は業務使用を目的とした、プロフェッショナル仕様のヘッドホンの為、
無償修理期間は設定せず、すべて有償での修理とさせていただいております。