work

社員インタビュー|社員一覧

introduction

働く人を紹介します

アートディレクター

アートディレクター
クリエイティブプロデュース本部クリエイティブオフィス

2010年入社

アートディレクターとして、主にエンタメ系のCDジャケットやアーティストグッズなどのデザイン、ディレクションを担当。CDジャケットの撮影アイデアを考えたり、現場の監修、デザイン、さらには印刷物の色味チェックなど、制作物の一貫した監修をする仕事です。最近は求められる領域が多岐にわたってきていて、ミュージックビデオの映像プランニングをしたり、エンタメ系以外のプロ野球の広告や製薬会社の広告などの制作もしています。

クリエイティブに理解ある
営業と仕事できる幸せ。

私には、とても信頼できる営業がいます。すごくロジカルで真面目そうなんですが、クリエイティブにかなりの理解と知識があり、同じベクトルで案件進められる人。当社の営業には自分で仕事を作り出せる人が多いので、一緒に仕事をする度によい刺激をもらえます。自動車部品メーカーのWEB案件では、エンタメ色の強い仕事を多くしていて一見畑違いに見える私に声をかけてくれました。今ではとても大切な仕事になっています。当社では部署や役職を越えて仕事を自由にできるので、「興味あります?一緒にやりません?」 と声をかけてもらえることが多いと思います。

CDデザインの話がMVに発展。
世間話から生まれた新たなる領域。

ポルノグラフィティさんとの仕事でメンバーと次回作のビジュアルについて世間話をしていたところ、なにげなく話したMVのアイデアで盛り上がり、監督をやってよと言われたことがありました。私は映像に明るくないので、詳しい社員に助けてもらい企画に専念。別に監督を立て制作しました。結果、メンバーや事務所、ファンに喜んでもらえる作品が完成。会社にいる強みを改めて感じました。

チーム全員で一から考え、
ものを創り出す喜びが当社にある。

前職の制作会社ではアイデアのベースは広告代理店が考え、ごく一部のことしか手がけられませんでした。小さな仕事でもいいから一から考えて制作したい!と願い、そこで出会ったのが当社です。当社ではチーム全員で一からアイデアを考え、形にしていきます。それを期待してくれているクライアントさんにも出会えているので、きっと私は幸せ者だと思います(笑)。

10:00

出社したらまずメールチェック&返信。その日の予定をもう一度確認して、デザイン・打ち合わせ・撮影など、それぞれにどれだけ時間をかけるかを決めていきます。

12:00

私のポリシーは「ご飯をしっかり食べるのも大事!」仕事に追われ食事をおろそかにしがちですが、ランチをゆっくりできる日は、なるべく社員食堂で食べるようにしています。

14:00

アーティストの撮影が数日後に控えているので、外注の美術さんと打ち合わせ。こちらがオーダーした通りのものがちゃんと仕上がるか、進捗をチェックします。

16:00

数時間、デザイン作業に没頭。今日は打ち合わせとプレゼンで制作に集中できない日ですが、明後日提出の制作物に着手。少しでも事前作業しておくと頭がクリアになります。

18:00

レコーディングスタジオでプレゼン。アーティストへ撮影プランの提案をします。楽曲に魂を込めるアーティストのCDジャケットなので、こちらも魂を込めて取り組みます。

other person

その他の社員