work

社員インタビュー|社員一覧

introduction

働く人を紹介します

レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニア
スタジオカンパニースタジオオフィス

2015年入社

私はアーティストの演奏や歌を、レコーディングやエディット、ミックスをするレコーディングエンジニアで、アーティストやディレクター・作編曲家などと意思疎通を交わし、理想の音楽を作り上げるのが仕事です。時にレコーディングエンジニアの補佐的な役割をであるアシスタントエンジニアとしても活動。セッティングとソフトウェアのオペレートを行い、スタジオにいる人が楽曲制作に集中できるように現場を進行するのが仕事です。

アーティストの魅力を
100%以上にして伝える仕事。

“よい音”というものは主観的なものであり明確な基準はありません。また、それが売上や話題性に直結するわけでもありません。それでもエンジニアとして誇りをもって毎回がむしゃらに“よい音”を目指して汗をかく。その雲をつかむような制作の連続が、最高に悩ましく、そして最高に面白い。さらに新曲の完成形を宇宙で一番早く聴ける。これらがこの仕事の大きな醍醐味です。初めてエンジニアとして指名を受けた2年目の仕事で、アーティストの魅力を100%以上にして伝えるというこの仕事の本質に気づいた時、レコーディングエンジニアとしての意識が変わりました。

音楽制作に携わる多くの人。
その出会いが、成長につながった。

私にとって大きな出会い、それは現場の制作総指揮をする灰野一平さんとの出会いです。灰野さんは生粋のミュージックラバー。「音楽制作でどこに愛情と時間を注ぎこむべきで、どこが逆に冷徹になるべきなのか」「そのアーティストが持つ楽曲・歌声の魅力は何か?それをリスナーに伝えるためにどんな努力ができるのか?」という音楽制作に関わる上での大事な姿勢を教わりました。SMCには大きな成長につながる出会いが数多くあります。

ソニー・ミュージックスタジオを
使えるというアドバンテージ。

ソニー・ミュージックスタジオには大小5つのスタジオがあり、TV・映画音楽から歌舞伎の劇伴、J-POP、アイドルやバンド、キャラクターボイスの収録まで多様なセッションが行われています。それらを一気に経験できるのがこのスタジオで働く大きな利点ではないでしょうか。メンテナンスの行き届いたヴィンテージマイクや録音機材を豊富に保有していることも大きな魅力です。

10:00

その日のレコーディングの内容確認を行い、必要なマイクや機材・セッティングの計画を練ります。歌詞の準備・録音に必要なデータの確認や準備も行っておきます。

12:30

アレンジャーさん、ディレクターさん、アーティスト本人などが徐々にスタジオに集合。改めて譜面や録音に必要なデータの確認をし、必要があればデータのエディットや整理を進めていきます。

13:00

レコーディング開始。ディレクターの指示でレコーディング作業を進めていく。マイクのセッティングなどを変更し、音を作り込みます。アーティストが演奏しやすい環境づくりも大切です。

16:00

休憩を挟みつつ、その日の目標部分まで録音作業を続けていきます。休憩中はスタッフさんと新譜や機材のトーク。ごはんはスタジオならではの出前やお弁当だとテンションが上がります。

22:00

レコーディング終了。録音素材をまとめたラフミックスという音源を作成し制作陣で共有。ディレクター・アーティスト本人と作業のフィードバックやすり合わせを行います。

other person

その他の社員